04 アートdeスクール

HOME | 04 アートdeスクール

さかえのまちや里山とつながるアート

松本光世

2013年「ちがいがあるからおもしろい」松本光世

五感ワークショップ

2012年からは、15歳~おとなの方を対象に、年齢・立場などのちがう人同士が、五感とあそび心を使って、それぞれの表現のちがいや新たな発見を楽しむワークショップを行いました。「ちがいがあるからおもしろい」の視点で、アートの好きな人も、苦手だと思っている人も、気軽に参加できて奥が深い、アートの魅力を体験していただきました。その中から「さかえワークショップ研究室」が生まれ、リリスでの「コドモアートキャラバンてんらんかい」で週末のワークショップや、小中学生も参加できる「さかえこどもアート」などの実施につながっています。
 
松本光世

2012年 松本光世

草木染研究室

「さかえdeつながるアート2008上郷・森の家」で、草木染ワークショップの第1回を開催しました。バーベキュー場で火を起こし灰をかぶりながら玉ねぎの皮を煮出しての作業は、子どももおとなも誰もが楽しめる野趣あふれる催しとなりました。この自然の恵みの体験を基に、2010年、アートdeスクール「自然のめぐみをいかした草木染講座」を開催しました。草木が持っている色の可能性や、それを活かす技術の更なる充実を求めて「草木染研究室」を設けました。

 
工房・野楽
2010年 草木染講座「枇杷」 工房・野楽